2008年03月19日

ペットの毛から、メモリアルダイヤモンド!!

ちょっと衝撃的でした。
ダイヤモンドの人工生成が可能なのは知ってましたけど。
いつの間にか技術がこんなに進歩していたとは!!
しかもペットの毛を混合できるなんて。

提供しているのは、プレシャスワン
という会社。
会社のHPには、製造過程や価格など、詳しいことが載っています。

ダイヤモンドって実は、鉛筆の芯なんかと同じ「炭素」でできているんですよね。
「酸素」と「オゾン」が、どちらも「O」という元素でできているのと、同じ原理ですね。
こういうのを「同素体」と、専門用語ではいいますね。

ダイヤモンドと鉛筆の芯は、どちらも「C」という元素からできています。
ただ、くっつき方の構造が違うんですね。
簡単に言うと、鉛筆の芯は六角形の平面が重なっているだけ。
ダイヤモンドは正四面体(辺の長さが全部同じ三角錐)のような形になっています。
ダイヤモンドは立体的な構造だから、力を分散できて、硬くなっているわけですね。

どうやら、人工ダイヤモンドの技術は、順調に成長していたようです。
ただ、天然のダイヤモンドとほぼ同じなので、業界から圧力がかかったようです(噂ですけど)。
それでなかなか普及しなかったようですね。
なんか特殊な方法でしか識別できないとか。
そりゃ、自然にできたものも人工で作ったものも、でき方のメカニズムは同じですからね。
その辺の詳しいこともプレシャスワン
のHPに載っています。

ただ、ちょっと値段がね・・・。


posted by ペンギンギン at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。