2007年12月19日

著作権

なんでも、1953年公開の映画はもう著作権切れになったとか。
映画の著作権は50年から70年に延長されたんですが、その対象になるのが54年以降公開の作品ということで決定したのだとか。
っていうか、この著作権のお話は、政治と金のにおいがぷんぷんする話ですよね。

アメリカの著作権有効期間はぐんぐん引き伸ばされています。
誰の手柄でしょうね。
もちろんディ○ニーですよね。
あのねずみのキャラクターが、著作権料取れなくなったら、あのランドも、あのシーも、全然儲からなくなっちゃいますしね。

「ちょっと政治家さん、著作権の有効期限を延ばしてくれませんかね??」
「もちろん誠意は見せていただけるんでしょうな。」

あくどい会話が聞こえてきそうです。
オレの意見を言わせていただくと、何もないところから物を作り出したという意味で、著作権というのはすごく大事だと思います。
しかし、いくらなんでも儲かりすぎなのでは?
半額くらいで十分でしょ?
それに加え、期間を延長させようと?
どこまで金の亡者だよ!
すばらしい作品は、ある程度の期間をおいたら、みんなの共有財産として手放しましょうよ。
そうすることで、またその作品が輝くのではないでしょうか。
posted by ペンギンギン at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。